Yose-moji  Japanese traditional auspicious calligraphy
unoka.yosemoji@gmail.com

はじまりは江戸時代。

はじまりは江戸時代。

1836年頃。字が上手だった紺屋職人の栄次郎が、
寄席のビラ(ポスター)を書くよう頼まれました。
栄次郎は、独特の書体を作り出そうと工夫を重ね、
提灯文字と芝居文字の良いところを取り入れて、
「寄席に似合う文字」を書きました。
これが寄席文字のはじまりです。

はじまりは江戸時代。

その文字は評判を呼び、あちこちで使われるようになりました。
影響を受けて同じように書く人も次々と現れ、
その中から名人が生まれて次の世代へ伝えられました。

はじまりは江戸時代。

江戸から平成へ。何人、何代もの書き手を経て、
その時代に合うように、少しずつ変化を続けてきました。
呼び名も、ビラ字から寄席文字へと変わりました。
しかし、寄席の雰囲気を映した文字であること、
願いの込められた文字であることは、変わりません。

江戸からの流れを汲む、「いま」の書き手として、
寄席文字の意味を大切に、
お客様のご希望が叶うよう、想いが伝わるよう、
一字一字、大切に書いてまいります。

プロフィール

プロフィール

春亭右乃香   しゅんてい うのか  Shuntei,Unoka


1987年、橘流寄席文字家元 橘右近に入門。 1994年、橘右乃香の名を許される。
師の没後、2001年に橘流より独立、名を春亭右乃香と改める。
浅草・木馬亭の看板のほか、落語会の題字・めくりなどを筆耕。
その他、表札や看板の筆耕、ポスター、チラシ、手拭、千社札の製作など。
2006年、2012年、2019年に個展、2016年に歌舞伎文字とのコラボ展、2019年を開催。

毎日文化センター寄席文字講座、寄席文字築地勉強会を開いている。

著書に『寄席文字手ならい帖』(グラフィック社)。 東京都出身、早稲田大学第一文学部卒。